プエラリア

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

プエラリアとエストロゲンについて

サプリメントで効率的に美容効果の高い成分を摂取したいなら、植物性エストロゲンやイソフラボンを含むプラエリアが適しています。サプリメントは体に必要な栄養素を含みますが、だからといって1度に大量に摂取すると過剰摂取による弊害が引き起こされるリスクが存在しています。

 

エステロゲンは女性ホルモンの一種であり、体内に女性ホルモンが多く存在していると、女性の特徴が際立つようになるといいます。具体的には胸が大きくなったり、肌が抜けるように白くなったりします。女性ホルモンは、年配の女性の体は分泌されづらくなっているといいます。そのため、サプリメントで女性ホルモンを補給するというやり方を多くの人が実践しています。

 

日本国内で、豆乳を用いたサプリメントに人気があるのはそのためです。女性ホルモンに似た成分として、豆乳に多く含まれる大豆イソフラボンがあるためです。プエラリアサプリメントに関心が集まっているのは、プエラリアには豆乳の40倍にもなるイソフラボンが含まれているためです。

 

プエラリアに含まれるエストロゲン量があまりに多いため、逆に不安に感じるという方もいます。しかし、植物性のイソフラボンであることから、プラエリアに含まれる成分も、大豆に含まれる成分も、同じようなものと見なしてもいいようです。

 

気をつけたいことは、プエラリアサプリメントに記載されている通りに飲むということです。プエラリアに限らずサプリメントは多く飲んだからと言って効果が早くは現れると言うものではなく、正しく続ける事が大切なのです。

 

 

バストアップと性交渉

バストアップをしたあとの性交渉についてはなかなかクリニックの医師や、看護婦さんに聞くことが恥ずかしいと思っている人も多いかもしれませんね。バストアップをした後に性交渉をする場合にはいつから可能なのかというと、どんなバストアップ手術の場合でも、バストが安定するまでは安静を保つことが最優先ですから、できればバストアップ手術後の2週間は性交渉をやめた方がいいといわれています。

 

もちろん医師にバストアップ手術後の性交渉ついて聞くことができるのであれば、聞いてから行うのが一番ですが、一般的にバストアップ手術後の性交渉をするのは2週間は間をあけた方がいいでしょう。バストアップ手術のプロテーゼ法でも脂肪注入法でもどちらにおいても言えることです。

 

バストアップ手術をすると性交渉をした時にあまり感度がよくないという噂もあるのですが、解剖学的にバストアップ手術後の性交渉について考えた結果、プロテーゼでも脂肪注入でもバストアップ手術を受けた後に感度が悪いということは特にないといわれていますからバストアップ手術をしたからといって性交渉が大きく今までと変化してしまうということはありませんから安心しても大丈夫ではないでしょうか?

 

バストアップ手術後の性交渉に関しては一番いいのは、実際に医師にバストアップ手術後の性交渉について聞いてみるのが一番です。

プエラリアとエストロゲンについて関連ページ

バストアップに効果がある?
飲み方

ホーム RSS購読 サイトマップ