プチ豊胸

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

プチ豊胸の注意点

プチ豊胸のメリットは、普通の豊胸手術より安い点です。プチ豊胸では、どのくらいの量ヒアルロン酸を注入するかで費用に差が出るという仕組みになっています。プチ豊胸の人気の理由は、すぐに施術が終わることでもあります。プチ豊胸を取り扱っている美容クリニックによっては、施術自体は10分ほどで終わるといいます。

 

メスを入れることも皮膚を縫うこともなく、注射針の痕跡がしばらく残るだけなので、施術の次の日から普通にシャワーも使えます。プチ豊胸で注入された成分は、徐々に体内に吸収されてしまいます。あくまでも一時的な効果ですが、プチ豊胸により憧れのバストが実感できます。

 

プチ豊胸で使われる注入液は、アメリカなどの検査機関の許可をとったものと言われているので、安全性は確認されているようです。ただしプチ豊胸自体はまだその歴史が浅いものです。副作用などがあっても、事例が明るみに出てくるのはこれからかもしれません。

 

プチ整形は2年から3年は豊胸効果があるといいますが、1年未満という場合もあり、人によって違うようです。プチ豊胸手術は手術費用が少なく済むとはいつても10万は見込まなければいけないので、熟考してから受けましょう。プチ豊胸を受ける時は、施術前のカウンセリングで施術の内容や金額について説明を受け、不明点をなくしておくことで納得のいく手術が受けられます。

 

 

バストアップとレントゲン

バストアップ手術を受けたことがある人が不安に思っているバストアップ手術後の生活の中に、バストアップ手術後にレントゲンを受けた場合にはバストアップしたことがばれてしまうのかという問題があります。バストアップ手術を受けた後のレントゲンの検査などを受けてバストアップ手術をしたことが分かってしまうと恥ずかしいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

バストアップ手術の方法にもよりますが、バストアップ手術のプロテーゼを使った手術の方法を受けた場合には異物をバストに入れているわけですからレントゲンの検査でもうつってしまうと思います。

 

しかしレントゲンの検査で異物が映ったとしても、患者の守秘義務ですから、バストアップ手術をしていることを他言したりすることはないと思いますから安心してもいいのではないでしょうか?バストアップ手術のすべてがレントゲン検査でうつってしまうというのではありません。

 

バストアップ手術の中にはレントゲンの検査に映らない方法もあります。たとえばバストアップ手術の脂肪注入法の場合には、自分の体にある脂肪を注入するわけなので、その後はバストアップ手術の後レントゲン検査でバストアップ手術を受けたということがわかることはありません。

 

このように、バストアップ手術によってレントゲン検査で分かってしまうのか、わからないのかは変わってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ