胸が大きくなる体操

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

胸が大きくなる体操ってどうなの?

胸が大きくなる体操というものがあります。胸が大きくなるというだけでなく、ハリや形も取り戻すことができます。それでは、胸が大きくなるためにはどういった体操をすればいいのでしょうか?

 

基本的には、大胸筋を鍛えることが最も効果的です。胸が垂れ下がっているのは、大胸筋が衰えていることが原因として挙げられます。大胸筋が衰えると、連動している腹筋や腕の筋肉(上腕二頭筋)も衰えてきます。

 

なので、大胸筋と一緒に腹筋や背筋、上腕二頭筋を一緒に鍛えることで、身体全体のバランスが整い、美しいバストやスタイルを手に入れることができます。それでは、大胸筋を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか?筋肉を鍛えるのですから、体操といっても筋肉トレーニングです。そして、手軽に大胸筋を鍛えるには、いわゆるお祈りのポーズが一番です。

 

●まず、胸の手前で両手を合わせます。
●この時の肘の角度は90度を保つようにします。
●姿勢を正します。
●手のひらに力を入れ、肘を張って両手を押し合います。
●これを15秒保ちます。

 

最初は5回程度から始めて、徐々に回数を増やしていきましょう。

 

簡単に出来る体操なので、時間が空いた時にでも行うようにするといいですね。腕立て伏せは誰もが知っている筋肉トレーニングですが、これも大胸筋を鍛えるのに効果があります。15〜20回程度を目安にします。あまり行いすぎると、今度は筋肉が付きすぎてしまい、胸が硬くなってしまいますから、気をつけてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ