バストアップの脂肪注入法

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

バストアップの脂肪注入法

バストアップの方法には脂肪注入法があります。バストアップ(大きなサイズのバストを好む男性が多いのは本能なのでしょうか)の脂肪注入法というものは自分のお尻やお腹にある脂肪を吸引して、吸引した脂肪をそのまま胸に注入するというバストアップの方法です。

 

あなたの脂肪を使うので拒絶反応が起きづらいという特徴があり安心です。

 

バストアップの脂肪注入法はヒアルロン酸注入と同じように、半永久的というわけではありませんのでだいたい1年くらいすると体内に吸収されることが一般的です。

 

なので結局最終的に定着する事は多くて注入した脂肪の半分くらいといわれていますから、1カップから2カップ位しかバストアップをすることができないことになります。

 

もしも2カップ以上バストアップを行いたいと思っているのであれば脂肪注入法以外の方法をお勧めします。

 

バストアップの脂肪注入法の利点は何なのかというと、バッグを入れるようなことはありませんから触っても違和感がありません。

 

そして貴方の脂肪を使っているので拒絶反応が起きにくいのが特徴です。脂肪を使っているのでバッグを入れた時みたいに、レントゲンを撮るという場合でも影が写る心配がないでしょう。

 

バストアップの脂肪注入法にはデメリットもあります。

 

脂肪がきちんと定着しないというときには、脂肪が石灰化してしまってしこりになってしまうとも言われていますし、バッグを入れた時ほどすぐにバストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)が目で見てわかるというものではない為劇的な効果を期待している人は期待外れになるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ