産後のバストアップについて

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

産後のバストアップについて

産後のバストアップ・・・子どもが小さいうちはバストケアをしたくても、なかなか時間がとれませんよね。母乳育児をされていれば、サプリは使えないですし。

 

授乳期も終われば、人生最大じゃなっかたの!?というくらいボンッ!!と大きかったおっぱいも、気が付けば萎んでしょぼーんと・・・。

 

そのような私もその一人。妊娠前よりサイズダウンしてたりして、どうしたらもとに戻ってくれるのか、悩みの種でした。

 

今ほど、産後のバストアップについての情報が少なかったのかもしれないのです。

 

今は、妊娠中から出来るバストケアがありますし、ほんの短い時間で手軽にできるエクササイズも増えてます。

 

バストアップラボ・おっぱい体操・セレブリティバストアップ・B-UP・・・などなど。自宅で、少しの時間でできる。できるだけ費用をかけたくない。

 

では、まず身近でできることからはじめてみませんか?

 

・授乳中だと、新生児のころは頻回授乳なので、ブラをつけるのがめんどくさいからと、ブラジャーをつけないでいること

 

・サイズの合わないブラジャーを我慢してつけること

 

まず、この2つから見直してみてください。

 

・授乳ブラジャーなど最近は便利な機能の付いたブラジャーがあるようです。

 

めんどくさがらずに着用してみてください。ノンワイヤーでも構わないです。

 

下から支えることによって、下垂が防ぐことができます。また、脇に脂肪が流れるのも防げます。

 

・すぐに、サイズが変わるからといわずに、今ちょウドあうサイズのブラジャーを付けること。

 

この2点だけでも、変わってくるでしょう。

 

そして、姿勢。赤ちゃんを抱っこすると、どうしても前傾姿勢になってしまいやすいですが、可能な限り胸を張って猫背にならないように注意してみてくださいね。

 

もっとも、何より効果的なのは、運動することです。

 

胸周辺の筋肉を鍛えます、大胸筋・小胸筋を鍛える事でバストの下垂を防ぐことができます。

 

でも、やりすぎは禁物。脂肪が筋肉に変わってしまえね、逆に小さくなってしまいますよ。

 

赤ちゃんと一緒に参加できるプールや、エアロビ、ヨガ。

 

機会がなくても、自宅でほんのささいなエクササイズをするだけでも全然違ってきます。

 

バストのキープだけでなく産後ダイエットにも効果が期待できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ