バストアップ

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

バストアップに効果があると言われている食品

バストアップに効果的だとされる食品は色々とありますが、一番大切なのは、やはり規則正しい食生活です。一日三食、決まった時間にきちんと摂取する事が、何より重要なのです。

 

これを踏まえた上で、バストアップに効果がある食品を意識して摂っていきましょう。バストアップのためには、できるだけバランスのいい食事を意識してください。

 

バストアップに必要なのは、「バストを豊かにするためのたんぱく質」「バストに張りを与えるビタミンE」「バストの筋肉を保つためのビタミンB1とビタミンB2」「バストのツヤを保つビタミンA」をバランスよく摂る事です。

 

たんぱく質には、豆腐などの植物性のものと玉子などの動物性のものがありますが、どちらも偏りなく摂取しましょう。ビタミンEを多く含む食品には、大豆やトウモロコシ、カボチャなどがあります。

 

ビタミンB1を摂りたいなら、豚肉をたまねぎやねぎ、にんにくなどと一緒に調理して食べるとより効果的です。ビタミンB2は、牛乳やレバー、アーモンド、納豆などにたくさん含まれています。

 

ビタミンAを豊富に含む食品で代表的なのは、にんじんやナチュラルチーズ、春菊、ほうれん草などです。この他にも、まだまだバストアップ効果のある食品はありますが、何か一つをひたすら食べるのではなく、毎日色々な食品を摂るようにしてください。

 

栄養が偏ると、体調不良になりがちです。いくらバストアップできても、体調を崩してしまっては意味がありません。健康があってのバストアップです。こだわりすぎず、適度に生活に取り入れていきましょう。

 

 

バストアップマッサージ

バストアップの方法もいろいろありますが、自宅で毎日取り組めるバストアップの方法としてマッサージがあります。特に、このマッサージはバストアップ体操と一緒に取り組むと効果がよく見えてきます。

 

ただ、そのままマッサージすると、バストの皮膚に負担がかかってしまいます。なぜかといいますと、バストアップのためのマッサージは、顔のマッサージとは異なって、なでるだけでなく結構しっかりめにマッサージします。

 

出来れば、マッサージオイルやジェルなどを用いるとよいでしょう。マッサージでバストアップの効果が出てくる理由としましては、血行がよくなるため、ということになります。バストそのものの血行をよくするということでもありますが、しっかりマッサージすることで、バストを支える大胸筋に働きかけるわけです。

 

つまり、大胸筋の血行を良くする事が出来るんです。そうすることによって、バストが垂れることはなくなりますから、マッサージがバストアップに効果を表すわけです。バストアップ体操と一緒に行なうと、より効果的だといわれる所以はここにあります。

 

いつでも簡単に出来るバストアップマッサージの方法としましては、まず座ったら片方の手を胸の下側にあて、一方の手は胸の上側にあてます。下側の手は、胸から脇の下の方向へ、上側の手は脇の下から胸の方向へマッサージします。

 

両手を同時に動かして20回くらいマッサージします。左右の胸で行います。お風呂でもバストアップマッサージする方法があります。まず、右胸を右手にのせ、左手は右胸の上に置きます。右手の手のひらでバスト上に押し上げ、左手はバストを下の方向に軽く押します。20回くらい繰り返します。

 

左胸も同じように行ないます。一番大切なことは、続けると言うことです。毎日少しずつのマッサージがバストアップにつながっていくからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ