バストアップ

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

バストアップと女性ホルモンの関係

バストアップに女性ホルモンが大きく関わっていることは誰でもご存知でしょう。妊娠期間中にバストが大きくなるのも、妊娠によって体内にエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが増えることが理由とされています。

 

エストロゲンとかプロゲステロンというよりも、卵胞ホルモンや黄体ホルモンと言った方がピンとくる人も多いかもしれません。最近は、様々なサプリメントの発売やテレビの情報番組などによって、エストロゲンも知られた名前になっていると思います。

 

生理の前後にバストの張りを覚えたり、痛みを感じたりするのも、このエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌によって一時的にバストが大きくなるのが理由です。特に、プロゲステロンは乳腺を発達させる働きがある女性ホルモンです。

 

胸を揉まれると大きくなるという話から様々なマッサージ器具やマッサージクリームなどが販売されています。でも、実は、男性に胸を揉まれるという行為そのものが女性ホルモンの分泌を促すので、乳腺が発達してバストアップするのが本当のところでは?という仮説もあるのです。

 

この女性ホルモンのエストロゲンと非常に良く似た化学構造なのが大豆に含まれるイソフラボンになります。そのため、バストアップサプリメントにはイソフラボンが含まれているものが多く存在します。

 

イソフラボンは化学構造だけでなく、その作用もエストロゲンと似ていますから、女性にとってとてもありがたい成分なのは間違いありませんね。でも、バストアップサプリメントは絶対にやめてください。すでに飲んでいる方はいますぐやめてください。

 

 

バストアップ ブラジャー

バストアップには欠かせないバストアップブラが非常に人気がありますね。年齢を問わず、多くの女性が使うようになってきています。

 

一昔前には、高額な補正下着が物議をかもしていたものですが、最近では、女性の美容意識が向上したからか、あるいはきちんとした判断が出来るようになったからか、その類のものが高額であっても、問題が浮上することが少なくなりました。

 

ただ、同じ補正下着でも、バストアップブラはちょっと意味合いが違います。普通の補正下着は、メリハリボディを作り出すためのものですよね。そのときだけ体型を美しく見せるためのものです。対して、バストアップブラはバストを美しく保つための下着です。

 

自分に合わないブラジャーとか、大安売りで買ってしまったブラジャーとか言うものではバストは美しさを保てません。なぜかと言いますと、ブラに胸を収めていても、バストの脂肪が脇やお腹に流れていってしまうんですね。

 

そうすると、バストは形が悪くなるだけでなく、小さくなっていきます。その結果、皮膚が余って垂れる、あるいは、胸がしぼむ、そんな状況になってしまうわけです。そうならないためには、バストアップブラは必須アイテムです。ブラの中に、脇やお腹の脂肪を集めてきて収めます。

 

普通のブラジャーだと、徐々に徐々に脂肪は移動して戻っていってしまいますが、バストアップブラならそれがありません。だから、急にサイズアップしたかのようなバストがずっと続きます。

 

そして、バストアップブラをつけ始めると、バストの形が少しずつ良くなっていきます。おそらく脂肪が胸に定着してくるのではないでしょうか?お出かけ用のバストアップブラと、お部屋で着ける用のバストアップブラが販売されていますから是非、使い分けてみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ