豊胸手術の種類

胸が大きくなるバストアップ法ランキング 最新版

ヘッド

豊胸手術の種類 人工乳腺法とは?

以前の日本人はバストが大きい人が少ないと言われていましたが、最近では随分大きなバストを持つ女性も増えましたね。とは言っても、昨今は若年層の間からダイエットを開始する女性(女児)が増えており、そのために女性の貧乳率はむしろ高まる傾向にあるとも言われています。

 

あまり大きすぎるのは嫌だけど、そこそこのバストを手に入れたいと思う女性は多いものです。あるいは、元々バストの小さな女性ほど大きなバストに憧れるものかもしれません。バストアップのためには、様々な方法や商品がありますが、一番確実なのは豊胸手術ですから、試行錯誤の末に豊胸手術に踏み切る女性も少なくないでしょう。

 

豊胸手術も昨今では様々な手法があるのですが、人工乳腺法はあまり耳慣れないかもしれません。人工乳腺法とは、これまでも行われてきた一般的な豊胸手術のことです。つまり、脇の下をほんのわずか切開し、そこから乳腺の下に何らかのバッグを入れてバストを大きくするという方法です。

 

一番良く知られているのは、シリコンバッグと生理食塩水バックでしょう。その他にも、最近では、CMCバッグ、ソフトコヒーシブバック、バイオセルバック、メモリージェルバック、アシンメトリーバックと様々なバックが開発されています。

 

それぞれ破裂しても安全なもの、人工臓器などに使われる医療品で作られたもの、感触が実物のバストに近いけれど安全性が保証されていないもの、破裂しても中身が流出しないものなど特徴に違いがありますから、よく検討して決めましょう。ただ、これから子供を妊娠する可能性がある方には豊胸手術はおすすめしません。

 

 

バストアップ体操

バストアップのための体操があるので紹介していきたいと思います。バストアップするためには大胸筋を鍛えなければいけないのですが、バストアップのために大胸筋を鍛える体操を御所解したいと思います。まずは胸の前で手を合わせて手と手を押しあってください。だいたい5秒くらい押しあって一日にそれを20回くらい行いましょう。これだけでも大胸筋が鍛えられてバストアップにつながります。

 

次に腕を直角に曲げて床と水平にします。そして息を吐きながらバストの前まで腕がつくまで曲げていってそのまま5秒ほどキープします。そして戻すことでバストアップ体操につながります。バストアップ体操として大胸筋を鍛えればいいといわれていますが、なかなか難しいですよね。

 

バストアップのために腕立て伏せをするのもとても効果があるのですが、なかなか腕立て伏せができない人も多いと思います。そんなときには正座をした状態で腕立て伏せをしてもいいです。とにかく大胸筋を刺激していると感じていればどんな形であってもバストアップにつながります。

 

他にもバストアップ体操にはダンベルを使って両手にダンベルをもって、それを水平に上下に持ち上げるという体操もバストアップに効果があります。バストアップ体操は毎日継続して行わなければ意味がありませんから毎日続けて行うようにしましょう。

豊胸手術の種類 人工乳腺法とは?関連ページ

コヒーシブシリコン
光豊胸

ホーム RSS購読 サイトマップ